小杉湯は、高円寺ターミナル北口

杉並区高円寺における「小杉湯」は、連日、老若男女さまざまなお客様でにぎわっていらっしゃるバスだ。また、NHK放送「ドキュメント72時間」でも吸い上げられるほどの誘惑が詰まっています。

小杉湯は、高円寺ターミナル北口から「高円寺純情ディーラー町」という活気のあるディーラー町の大きなアーチを通り抜けて、「庚申進路ディーラー町」というおいしい食堂が立ち並ぶディーラー町を通って行きます。

小杉湯の設立は、昭和8歳と80歳以外歴史のある老舗のバスだ。迎えて受け取るのは、縄文杉で作られたと言われる、木彫りの最適鯉や両面彫りの富士山の欄間で、日本の懐かしいカルチャーを感じます。夜にはそれらがイルミネーションされ、夢想系統でおしゃれに監督されます。

小杉湯の魅力は、お風呂にもあります。ジェットエステバスや日替わり薬湯、水風呂など多岐なお湯船があり、とりわけ「おっぱい湯船」は小杉湯の呼び物となっています。おっぱい湯船は、白くてマイルドで、気温は40度あたりと案外激しくないのですが、じっとお湯に浸かっていると、体の芯から温まって現れるのを感じます。また、浴槽の壁には、鉱石が含まれた円盤があり、岩盤浴影響も得られるそうです。

湯上がりは、幅広い待合室でゆっくりと過ごせるようになっています。棚には、自由に掴むことができるマンガがたくさん用意してあります。どんどん、素敵な作品が並ぶギャラリーにもなっています。

最近では、バスがずっと姿を消してしまったり、それをくい止めようと「デザイナーズバス」としておしゃれに生まれ変わったりするバスがあります。こういう小杉湯は、デザイナーズバスほどおしゃれな感じではありませんが、昔ながらの良さを記し、健康が不自由なほうが使いやすい着想をし、若々しい方にも受け入れてもらうために、新しいパーソナリティーも入れる注力をし、さまざまな年代のクライアントから魅了され続けているのです。ヒラクアップの口コミはこちら

小杉湯は、高円寺ターミナル北口